月曜日, 7月 16, 2012

ストックホルム群島でキャンプ



Roslagen(ストックホルム北部バルト海沿岸地域)にあるストックホルム群島の一島Singö のキャンプ場で週末を過ごした。小さい島を真ん中にして2つの橋でつながっている。上は島をめぐるハイキングコースを示すサイン。自転車でほぼ一周したら7時間ぐらいかかった。


島の桟橋。かつては群島間を運航する船の定期航路になっていたらしく、乗客がいることを示すため揚げられる標識の白い土台だけが今は残っている。


1700年代に建てられた島にある木造教会。


教会の後ろにある学校で、島のハンドクラフト作家 (Singö-Skärgårdsslöjd) による展示と販売が行なわれていた。


コーヒーのパッケージを利用した紙バッグ。


端布を織り込んだマット。
  

学校の庭にも出店が。


アコーディオン演奏が始まる。曲目はSkogsblommor 森の花。どんなメロディーか興味のある方はYouTubeのリンクへ。


縄を様々に結んで作られたキーホールダーやコースターなど海の男の手仕事作品。


子供たちのための野草を使った手つくりおもちゃ教室も。


田舎に行くと今でも見かけるミルク台。各農場で搾られたミルクは
毎日このような台に置かれ回収されていた。
  

バルト海の入江の岩場でランチ。


自転車で森をサイクリングしていたら


茂みに誰かがこんな紙切れを残していた。手前に見える黄色いのは、スウェーデン人大好物のカンタレーレというキノコ。2012年7月21日まで予約済みだそうだ。


キャンプ場のトイレの中にトイレの上手な使い方や注意事項がいろいろ書いてある。一番最後に「特にノルウェー人のための注意: ノズルを引いてもお金は出てきません。
ノルウェーのどこかのキャンプ場でスウェーデン人への注意書きを見かけたらお知らせください。

関連リンク




0 件のコメント: